一般財団法人 国際協力推進協会
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町6-12
紀尾井町福田家ビル3階

太平洋・カリブ学生招待計画2023

太平洋・カリブ学生招待計画2023
(プログラム最終日の修了式にて)

2023年6月29日から7月22日までの間、太平洋・カリブ地域より計8名の大学生を招待しました。招待学生たちは日本滞在中、上智大学の短期プログラム“Summer Session in East Asian Studies”(以下、Summer Session)に参加したほか、週末にはAPIC主催の観光イベントを通じて日本文化に親しみました。

◆約3年ぶりの実施
APICでは2020年まで毎年1月に本計画を実施しておりましたが、コロナ禍によりしばらく中止となっていました。今般、上智大学の夏季の短期プログラムが数年ぶりに対面で実施されることになったため、今年度は初めて夏季に実施することとして本計画を再開しました。6回目の実施となる今回は、太平洋地域より3名(ナウル、パラオ、ミクロネシア連邦)およびカリブ地域より5名(ジャマイカ、バルバドス、トリニダード・トバゴ、アンティグア・バーブーダ、セントルシア)の学生を招待しました。

招待学生たちはSummer Session(実施期間:2023年6月30日~7月21日)の約3週間の研修期間を通して、日本の文化、教育、歴史、社会のほか、日本語や東アジアの社会等、様々なテーマに関する科目から3つ選択し受講しました。Summer Sessionには他にも世界中から多数の大学生が参加しており、多様な文化を持つ人々と交流し、共に学べる機会となっています。

◆週末には日本文化を体験
週末に行われたAPIC主催の観光イベントの一環として、7月1日は都内観光を行い、陶芸体験のほか、東京スカイツリーや浅草などを訪問しました。来日して間もなく、様々な日本文化に触れて、感動している様子でした。

太平洋・カリブ学生招待計画2023
(陶芸体験中の様子)

8日は横浜を訪れ、日本郵船氷川丸、横浜中華街、カップヌードルミュージアム、赤レンガ倉庫などを訪問しました。東京とはまた違った街並みを眺め、楽しんでいました。

太平洋・カリブ学生招待計画2023
(カップヌードルミュージアムにて)

15日は株式会社エヌアイデイの協力のもと、千葉県香取市佐原を訪れました。現地では千葉県立佐原高等学校の生徒たちと昼食を共にし、香取神宮を参拝し、ご祈祷を受けました。高校生たちにとっても英語で交流する貴重な機会であったようで、お互い、積極的に話しかけていました。

その後、「佐原の大祭 夏祭り」に参加しました。この祭りは関東三大山車祭りの1つと称され、約300年の伝統があり、ユネスコ無形文化遺産や国の重要無形民俗文化財に指定されています。学生たちは地元の方々に混ざって山車曳き体験を行ったのち、屋台で買い物をしたり、「小江戸」と呼ばれる佐原の町並みを眺めたりしていました。様々な日本文化に直に触れることができたと非常に喜んでおり、「これまでで一番思い出深い経験になった」と言う学生も多くいました。

太平洋・カリブ学生招待計画2023
(山車曳き体験)

◆再来日している学生との交流
また、佐原訪問には、過去に本招待計画に参加したことがきっかけとなり、帰国後再び日本を訪れているボビー・スウクーさんも参加してくれました。ボビーさんは2017年のプログラムに参加後、国費外国人留学生として再び来日し、現在は筑波大学大学院で学んでいます。今回招待した学生の中には今後、日本の大学院に進学することやJETプログラムへ参加することを検討している学生もいて、ボビーさんの自身の経験を踏まえた話を聞くことができたようです。

ボビーさんのように、これまで本計画によって来日したのち、国費外国人留学生やJETプログラム参加者として再来日している学生は他にも複数名おり、本計画が日本と太平洋・カリブ地域のつながりを強めるきっかけとなっていることが伺えます。

◆在京大使館へ表敬訪問
今回の学生の訪問の機会をとらえて、在京大使館にもAPICの活動について理解を深めていただくという観点から、カリブ5か国からの学生は揃って駐日ジャマイカ大使館を表敬訪問し、また太平洋の学生はそれぞれ駐日ミクロネシア連邦大使館、駐日パラオ共和国大使館を表敬訪問しました。それぞれの大使からは、学生たちには将来、日本とのかけ橋として活動してほしいと激励があり、学生たちも是非日本に留学したい、また訪れたいと述べていました。

太平洋・カリブ学生招待計画2023
(駐日ジャマイカ大使館を表敬訪問)

太平洋・カリブ学生招待計画2023
(駐日ミクロネシア連邦大使館を表敬訪問)

太平洋・カリブ学生招待計画2023
(駐日パラオ共和国大使館を表敬訪問)

◆修了式・フェアウェルパーティー
プログラム最終日には、上智大学にて修了式・フェアウェルパーティーが開催されました。修了式ではAPIC重家俊範理事長および森下哲朗 上智大学グローバル化推進担当副学長から挨拶がありました。続いて、重家理事長より学生ひとりひとりに修了証が手渡されました。次に、学生たちによるプレゼンテーションが行われ、それぞれが訪れた場所や印象深かったイベント等の写真を見せながら、日本での滞在の感想を述べました。その後のフェアウェルパーティーでは、アデルバイ駐日パラオ大使に乾杯の挨拶があり、学生たちが発表した内容にも触れながら、「今後もさらに多くの学生を呼べるようになると良い」と感想を述べました。

太平洋・カリブ学生招待計画2023
(左から:APIC重家理事長、パラオからの招待学生のカーリーさん、アデルバイ駐日パラオ大使)

WHAT'S NEW

- 2024.5.17 PROJECTS
「バルバドス 歴史の散歩道」(その18)第10部 独立後の歩みを更新しました。

- 2024.5.16 EVENTS
第406回早朝国際情勢講演会を更新しました。

- 2024.4.25 EVENTS
第405回早朝国際情勢講演会を更新しました。

- 2024.3.28 PROJECTS
APIC-MCT協力事業 ミクロネシア連邦チューク州オネイ島への貯水タンク支援を更新しました。

- 2024.3.21 EVENTS
第404回早朝国際情勢講演会を更新しました。

- 2024.3.8 EVENTS
重家理事長のミクロネシア・マーシャル諸島訪問を更新しました。

- 2024.3.8 EVENTS
ミクロネシア連邦・チューク州にて太平洋環境セミナー開催を更新しました。

- 2024.2.16 EVENTS
第403回早朝国際情勢講演会を更新しました。

- 2024.2.16 EVENTS
ジャマイカのカミナ・ジョンソン=スミス外務・貿易大臣が来日を更新しました。

- 2024.1.18 EVENTS
第402回早朝国際情勢講演会を更新しました。

All Rights Reserved. Copyright © 2008-2024, The Association for Promotion of International Cooperation.