一般財団法人 国際協力推進協会
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町6-12
紀尾井町福田家ビル3階

太平洋・カリブ記者招待計画2022

太平洋・カリブ記者招待計画2022
(横浜市民防災センターにて/Photo by Floyd Takeuchi)

2022年10月16日~25日、国際協力推進協会(APIC)は公益財団法人フォーリンプレスセンター(FPCJ)の協力を得て、「太平洋・カリブ記者招待計画」を実施しました。「環境保護と防災」をテーマとした本プログラムには、太平洋島嶼国から3名、カリブ諸国から2名の計5名の記者が参加しました。

滞在中、記者団は鹿児島県大崎町(人口1万2000人)を訪れ、日本で最も進んでいるといわれる「資源循環・廃棄物処理システム」を視察、さらに、福島県閖上(ゆりあげ)地区に赴き、東日本大震災の津波の遺構「仙台市立荒浜小学校」や、その後復興した「ゆりあげ港朝市」などを視察しました。そのほか、横浜市の防災・洪水対策、桜島火山防災モデルなどを視察、取材しました。なお、地方視察はAPIC佐藤常務理事が同行しました。

本プログラムは英語では”APIC Japan Journalism Fellowship”と称し、プログラム・コーディネーターのベテラン・ジャーナリストFloyd Takeuchi氏(ハワイ)、Dawn Matus女史(アイダホ)の指導の下で、毎日取材を終えた後、記事を執筆して本国に送稿するなど、とても厳しく実務的なプログラムです。

2015年に第1回計画が実施された後、毎年実施しており、新型コロナ禍のために2020年と2021年は中止されましたが、本年に再開、第6回目となりました。

太平洋・カリブ記者招待計画2022
(プログラムオリエンテーションにて)

太平洋・カリブ記者招待計画2022
(大崎町ごみリサイクル施設の視察中)

太平洋・カリブ記者招待計画2022
(プログラム修了式にて)

1. 記者団
記者団の顔ぶれは、次のとおり

2. 一行の日程
記者団の日程は、次のとおり

3. 報道ぶり
現在まで各国で掲載された記事(一部)は、次のとおり。

Samantha Magick / FIJI
‘If only we had learned from our ancestors’(Oct. 24, 2022)
DECARBONISING TRANSPORT -- HYDROGEN FUELLED VEHICLES ARE NEXT(October 2022)
WOTA: A SOLUTION TO WATER SHORTAGES?(October 2022)

Ofani Eremae / SOLOMON ISLANDS
A concrete structure with a deep history(Nov. 15, 2022)
When a classroom is turned into a museum(Nov. 15, 2022)
Yokohama shows the way to disaster preparedness(Nov. 15, 2022)
Recovering from Japan’s Great east Earthquake(Nov. 24, 2022)

K-Andrea Evarose Limol / SAIPAN
Osaki town sets global standard in recycling, waste collection(Oct. 21, 2022)
Yokohama center offers state-of-the-art disaster preparedness measures(Oct. 21, 2022)
Sakurajima and volcanic disaster resiliency(Oct. 28, 2022)
School’s disaster preparedness measures saved lives(Oct. 28, 2022)
The day a tsunami warning system failed a Japanese city(Oct. 28, 2022)

Heather-Lynn Evanson / BARBADOS(在バルバドス大使館提供)
Japan aids Caribbean Sargassum fight(日本がカリブ海のサルガッサム対策に協力)(Oct. 20, 2022)
Antigua test project for recycled water(アンティグアの再生水試験事業)(Oct. 20, 2022)
New life for landfill after recycling(リサイクルによって生き返った埋立処理場)(Oct. 21, 2022)
Marine sweeper clears pollution(廃棄物を除去する海上清掃船)(Oct. 21, 2022)
'Ash fall not hurting health'(降灰による健康被害はない)(Oct. 28, 2022)

Andre Williams / JAMAICA
Japan keen on strengthening ties with Jamaica(Oct. 18, 2022)
Osaki’s success at recycling waste, reducing landfill volume a model for Jamaica(Oct. 21, 2022)
A peek into leading Japanese town’s garbage collection, recycling system(Oct. 22, 2022)
Japanese city more resilient, data conscious after disaster(Oct. 26, 2022)
Tokyo Olympics athlete village to become smart city(Oct. 31, 2022)

WHAT'S NEW

- 2022.11.17 EVENTS
第389回早朝国際情勢講演会を更新しました。

- 2022.11.9 PROJECTS
「バルバドス 歴史の散歩道」(その11)第7部 奴隷制廃止への道のりを更新しました。

- 2022.10.31 EVENTS
太平洋・カリブ記者招待計画2022を更新しました。

- 2022.10.28 EVENTS
ジャマイカ農業・漁業大臣招待計画を更新しました。

- 2022.10.20 EVENTS
第388回早朝国際情勢講演会を更新しました。

- 2022.10.18 EVENTS
島根県海士町で第3回国際講座「夢ゼミ」開催を更新しました。

- 2022.10.18 EVENTS
トリニダード・トバゴでの日本語スピーチコンテスト支援(2022年度)を更新しました。

- 2022.10.6 PROJECTS
「バルバドス 歴史の散歩道」(その10)第6部 東カリブの要塞島(続き)を更新しました。

- 2022.10.3 INFORMATION
令和3年度「事業報告書」および「決算報告書」を掲載しました。

- 2022.9.20 PROJECTS
【留学生の頁】第4期APIC-MCT留学生と第5期ザビエル留学生が上智大学・大学院を卒業を更新しました。

All Rights Reserved. Copyright © 2008-2022, The Association for Promotion of International Cooperation.