一般財団法人 国際協力推進協会
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町6-12
紀尾井町福田家ビル3階

インタビュー:アジア開発銀行駐日代表事務所 玉置知己代表

~アジア諸国地域の現状とこれからの課題~

インタビュー:アジア開発銀行駐日代表事務所 玉置知己代表

インターン生の活動の一環として、アジア開発銀行(ADB)駐日代表事務所を訪問し、玉置知己駐日代表にインタビューを行いました。
ADBでは、貧困削減、インフラ整備、災害対策などの支援や、気候変動、環境問題にも寄与して、アジア太平洋地域の開発途上国の発展を支援する重要な役割を担っています。 今回の訪問ではまず、玉置知己代表に、アジア太平洋地域の経済状況に関する説明を受けた後、ADBに対する日本の貢献を含むADBの概要と役割などを、丁寧に説明していただきました。【2016年2月17日実施。聞き手:APICインターン生 青柳(麗澤大学)、渡邊、松河、科埜(上智大学)】


○ ADBとAPICの共通点とは

インタビューを通じて、ADBもAPICも、開発途上国を対象に重要な支援を行っていると感じました。国レベルでの協力関係で支援を行っているように見えますが、人と人との協力関係が非常に重要だということに気づきました。玉置代表は、「ADBは開発銀行として、開発途上国の発展に寄与するために、プロジェクトの経済性だけでなく環境や社会に対する配慮などを含めた質の高い支援を心掛けている」とおっしゃいました。APICにおいても、援助を受け取る側との信頼関係があってこそ、様々な事業を展開することができています。その「信用」に基づいて、先進国である日本だからこそ開発途上国に提供できる、技術伝達やシステムづくりなどを支援することが、国際機関であるADBやAPICの役割であり、共通点であると私は考えます。


○ ADBが取り組む最大の課題、アジア地域の貧困問題

ADBは、設立当初から貧困問題を最大の課題として扱っており、貧困率が大きく低下した現在でも、インクルーシブ・グロースなど、貧困に配慮した支援を実施しているそうです。玉置代表は、「貧困問題と一言で表せても、具体的にアプローチする際には、貧困問題を解決するための手段は多様です。ADBでは、アジアの開発途上国におけるインフラ整備や、防災リスクのマネジメントなどADBの様々なオペレーションにおいて貧困削減に配慮するようにしています」とおっしゃっていました。「貧困」を「貧困率」でみるのではなく、貧困人口、さらに自然災害や経済的ショックに対して脆弱な人口を見据えて真摯に向き合っていくことが必要だそうです。また、「将来、いわゆる貧困地域にあたる開発途上国の国民が、自力で互いに協力して生きていけるような『ベース作り』をすることが一番重要だ」という玉置代表のお言葉を聞いて、ただ資金援助などのハード面だけではなく、ソフト面の支援こそが重要である、という国際協力の本質を考えるきっかけになりました。


インタビュー:関西外国語大学 片岡修教授
(左から:APICインターン青柳さん、松河さん、科埜さん、渡邊さん)

銀行としてのADBの役割、また、国際機関としてのADBの役割の両側面に触れながら、アジアの貧困問題はもちろん、経済面の問題にこれからどのようにアプローチしていくのか、そして、今最優先事項として進めている活動は何であるかを中心にお話しくださり、最後にはインターン生からの質問にも答えてくださいました。インタビューは、約1時間にわたり行われました。大学では決して学べない、国際協力の現場の生の声を聴き、国際協力のあり方についても学ぶことができて、本当に貴重な体験でした。

WHAT'S NEW

- 2021.4.19
「第372回早朝国際情勢講演会」を更新しました。

- 2021.3.22
「ザビエル留学生支援事業」を更新しました。

- 2021.1.27
APICの役員・評議員情報を更新しました。

- 2020.12.17
「第371回早朝国際情勢講演会」を更新しました。

- 2020.12.2
「ポンペイ州の干ばつへの支援として水タンクを寄付」を更新しました。

- 2020.11.27
「島根県海士町でAPIC寄付講座「夢ゼミ」開催 ~第1回目講座の講師は山本達也エーオンジャパン(株)代表取締役社長(APIC理事)~」を更新しました。

- 2020.11.19
「第370回早朝国際情勢講演会」を更新しました。

- 2020.11.18
「海士町にてミクロネシア写真展『南洋の光』記念式典開催」を更新しました。

- 2020.11.13
「第2期APIC-MCT留学生が卒業 現地新聞に掲載」を更新しました。

- 2020.10.14
「第369回早朝国際情勢講演会」を更新しました。

All Rights Reserved. Copyright © 2008-2021, The Association for Promotion of International Cooperation.