一般財団法人 国際協力推進協会
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町6-12
紀尾井町福田家ビル3階

ミクロネシア連邦パニュエロ大統領からAPIC佐藤嘉恭前理事長に感謝の書簡

ミクロネシア連邦パニュエロ大統領からAPIC佐藤嘉恭前理事長に感謝の書簡
(「太平洋諸国若手リーダー招聘計画」(2016年実施)に参加していた際のパニュエロ大統領(右))

佐藤嘉恭前理事長の国際協力推進協会理事長退任にあたり、ミクロネシア連邦のパニュエロ大統領から外交ルートを通じて、11月20日付書簡により感謝のメッセージが届けられました。APICの活動が、これまで協力を行ってきた国の元首から高い評価を受けている一例としてご紹介します。

同書簡の中で、パニュエロ大統領は、「日本と太平洋島嶼国との歴史的な関係を一層強固するいろいろな分野でのAPICの活動について、貴理事長が果たされた尽力に対して、ミクロネシア国民の深甚な感謝をお伝えすることは自分にとってたいへん光栄に感じるところです」と述べています。

さらに、同大統領は、具体的に、次のようなAPICの支援プロジェクトに言及しています。
① カピンガマランギ島などの離島における給水タンクの供与、
② ミクロネシア3カ国若手リーダー招聘計画によるミクロネシア政府関係者・ビジネス関係者の日本への招待、
(注) パニュエロ大統領は、2016年2月連邦議員当時、APIC若手リーダー招聘計画で来日し、研修を受けたことに感銘を受けたとかねてから述べておられました。
③ ザビエル高校卒業生を対象としたAPIC・上智大学の「ザビエル高校留学生奨学金制度」による次世代のリーダーの育成。

最後に、パニュエロ大統領は、ミクロネシア国民を代表して、「佐藤嘉恭大使、あなたに神のご加護がありますように。あなたが示された友情と寛大な支援に感謝します。あなたのビジョンと行動は、ミクロネシアの国家建設にたいへん貢献されました」と書簡を結んでいます。

このほかに、佐藤嘉恭前理事長にはミクロネシア連邦のモリ元大統領、マーシャル諸島共和国のハイネ前大統領からも深甚な謝意表明の書簡が接到しています。


ミクロネシア連邦パニュエロ大統領からAPIC佐藤嘉恭前理事長に感謝の書簡
(パニュエロ・ミクロネシア大統領発 佐藤前理事長宛書簡)

ミクロネシア連邦パニュエロ大統領からAPIC佐藤嘉恭前理事長に感謝の書簡
(「太平洋諸国若手リーダー招聘計画」(2016年実施)参加中の写真。日本・太平洋島嶼国友好議員連盟との懇談会にて)

WHAT'S NEW

All Rights Reserved. Copyright © 2008-2021, The Association for Promotion of International Cooperation.