一般財団法人 国際協力推進協会
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町6-12
紀尾井町福田家ビル3階

太平洋・リーダー招聘計画 サモア通信・情報技術大臣 招聘

太平洋・リーダー招聘計画 サモア通信・情報技術大臣 招聘

2017年11月5日から12日にかけて、APIC太平洋諸国リーダー招待計画の一環として、サモア独立国よりアファマサガ・レプイアイ・リコ・トゥパイ(Afamasaga Lepuia'I Rico Tupa'I)通信・情報技術大臣を日本に招待しました。日本滞在期間中、アファマサガ大臣はICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)関連事業を展開している日本企業を訪問した他、福島県のスパリゾート・ハワイアンズを訪れました。

現在、サモアでは、アジア開発銀行や世界銀行などの資金を受けて、光通信の海底ケーブルを設置するプロジェクトが進められています。これは、2022年までに合計5本の海底ケーブルで太平洋の約15ヶ国を結ぶ、大規模なプロジェクトです。在サモアの青木伸也大使より、サモアはそのハブとしての役割を果たすべく、日本の光通信や海底ケーブル設置に関する先端技術等に関する視察を希望しているという話を受け、APICにて本招待計画を実施することとなりました。

日本滞在中、アファマサガ大臣は、外務省を訪れて堀井巌外務大臣政務官と会談した他、総務省にて小林史明総務大臣政務官と会談し、日本の情報通信技術政策に関するブリーフィングを受けました。小林政務官より、「サモアも含めたアジア・太平洋地域におけるICTの発展に協力していきたい」との発言があり、アファマサガ大臣は非常に喜んでいました。ブリーフィングを担当した富永総務審議官は、アルゼンチンで開催された国際会議でアファマサガ大臣に会ったことがあるとのことで、今後の協力についての話し合いや意見交換は大変和やかな雰囲気で行われました。

太平洋・リーダー招聘計画 サモア通信・情報技術大臣 招聘
(ガートナージャパン株式会社にて)

また、在福島サモア独立国名誉領事である常磐興産株式会社の井上直美代表取締役社長の協力により、情報通信技術事業を展開する日本企業への訪問が実現しました。ICT事業者向けのコンサルティングを行っているガートナージャパン株式会社では、日高代表取締役社長と面会し、日本におけるICT事業に関わる全般的なブリーフィングを受けました。日高社長のご紹介により面会が実現したトランス・コスモス株式会社は、海外各地域でコールセンターの運営事業を展開している企業ですが、アファマサガ大臣は海底ケーブルを利用した新事業としてコールセンター事業を考えており、同社船津代表取締役会長兼CEOの説明を熱心に聞いていました。
総務省の紹介で訪問した海底ケーブル製造会社、株式会社OCC(Ocean Cable & Communications)では、地上で敷設する従来型ケーブルと最新型ケーブルの比較説明を受け、アファマサガ大臣は最新型ケーブルに高い関心を示していました。株式会社海外通信・放送・郵便事業支援機構(JICT)の高島肇久取締役会長との会談では、情報通信技術に関わる意見交換が行われ、非常に有意義であったと、アファマサガ大臣も非常に喜んでいました。

太平洋・リーダー招聘計画 サモア通信・情報技術大臣 招聘
(APIC主催夕食会にて)

11月9日の夜には、APIC佐藤嘉恭理事長主催の歓迎夕食会がホテルニューオータニ宴会場にて開催され、訪問先企業役員の他、太平洋諸島センター斎藤所長など関係者が一堂に会する場となりました。挨拶の中でアファマサガ大臣は、「今回の訪日中に持つことのできた会談はどれも示唆に富み、非常に有意義であった。アレンジをしてくれたAPICと協力してくれた各位に心から御礼をしたい」と感謝の言葉を述べました。

太平洋・リーダー招聘計画 サモア通信・情報技術大臣 招聘
(新幹線の車内でお弁当を楽しむ大臣(右))

WHAT'S NEW

All Rights Reserved. Copyright © 2008-2021, The Association for Promotion of International Cooperation.