一般財団法人 国際協力推進協会
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町6-12
紀尾井町福田家ビル3階

上智大学にて環境セミナーを開催

上智大学にて環境セミナーを開催

(左から:コストカ事務局長、ブドゥー氏、海老澤氏、織教授)

2017年7月20日、上智大学との共催で環境シンポジウムを開催しました。 上智大学との教育連携協定(MoU)に基づく環境セミナーシリーズは、今まで上智大学、パラオ、ジャマイカ、マーシャル諸島の各地で行われおり、本セミナーで5回目の開催となります。


“Charting Island Sustainability, Interactive Dialogue with Experts from the Caribbean, Micronesia and Japan”と題された本シンポジウムでは、 Micronesia Conservation Trust (MCT)からウィリー・コストカ事務局長、西インド諸島大学(UWI)海洋実験所からデイン・ブドゥー氏、 UNDPバルバドス及び東カリブ地域事務所から日カリブ気候変動パートナーシップ計画のマネージャーを務める海老澤陽子氏をゲストスピーカーとしてお迎えしました。 上智大学からは、地球環境学研究科よりあん・まくどなるど教授と織朱美教授が参加しました。第一部では、ゲストが各々の専門分野に関するプレゼンテーションを行い、 第二部ではプレゼンテーション対する質疑応答の時間が設けられました。


上智大学にて環境セミナーを開催

(左からリサさん、コストカ事務局長、メアリーさん)


本シンポジウムには、アリコック駐日ジャマイカ大使、マタイトガ駐日フィジー共和国大使を始め、全体で約50名の参加がありました。 同校の大学院生が多く出席しており、積極的に質問をするなど、環境に対する熱心な様子が見受けられました。また、ザビエル留学生のメアリー・モリさんとリサ・オウエさんも参加しました。


上智大学にて環境セミナーを開催

(発言をするアリコック大使(左)とマタイトガ大使(右))


最後には、アリコック大使、マタイトガ大使が「環境問題は専門家だけの話ではなく、学生の立場、個人の立場でも環境問題に関心を持って、できることに取り組んでほしい」と学生へのメッセージを述べました。


上智大学にて環境セミナーを開催

(シンポジウム関係者とAPIC関係者たち)

WHAT'S NEW

All Rights Reserved. Copyright © 2008-2021, The Association for Promotion of International Cooperation.