一般財団法人 国際協力推進協会
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町6-12
紀尾井町福田家ビル3階

第2回太平洋若手リーダー招聘計画 歓迎夕食会を実施

第2回太平洋若手リーダー招聘計画 歓迎夕食会を実施
(太平洋若手リーダー歓迎夕食会の様子)

「第2回太平洋島嶼国若手リーダー招聘計画」の締めくくりとして、APIC主催の「太平洋若手リーダー歓迎夕食会」が3月31日夜、東京倶楽部にて実施されました。マーシャル諸島から2名、パラオ共和国から1名、計3名の若手リーダーたちは、政府関係者や企業・団体代表など、太平洋諸島に関係する約30名の出席者と、談笑し和やかな雰囲気を楽しみました。


第2回太平洋島嶼国若手リーダー招聘計画に参加した若手リーダーは以下のとおりです。
①カズオ・オルケリール(Olkeriil Kazuo) パラオ大統領府 報道官
②ジャック・サミュエル・チョングム(Jack Samuel Chong-Gum) マーシャル電力公社総裁
③ジェームズ・ミルン・ミヤゾエ(James Milne Myazoe)  マーシャル諸島共和国海事管理局副コミッショナー

第2回太平洋若手リーダー招聘計画 歓迎夕食会を実施
(乾杯の挨拶をするマツタロウ駐日パラオ共和国大使)

夕食会は、マーシャル諸島、パラオ共和国、ミクロネシア連邦の3か国の在京大使、さらに太平洋諸国と深く関係のある衆議院議員、企業・団体の代表の方々が一堂に会するものとなりました。 佐藤嘉恭APIC理事長から招待計画の趣旨を含めた挨拶が行われ、キチナー駐日マーシャル諸島共和国大使からの挨拶に続き、マツタロウ駐日パラオ共和国大使による乾杯の挨拶の後、それぞれが思い思いに会話に花を咲かせていました。

第2回太平洋若手リーダー招聘計画 歓迎夕食会を実施
(若手リーダー3名と、佐藤嘉恭APIC理事長)

夕食会の最後には、若手リーダー3名それぞれが挨拶をし、「太平洋は隔たれているものではなく、日本とミクロネシアをつなぐものだ」と述べました。これからも太平洋島嶼国と日本の関係がより一層強化される様に、APICとしても友好協力事業を推進していきます。(大高)


WHAT'S NEW

All Rights Reserved. Copyright © 2008-2021, The Association for Promotion of International Cooperation.