一般財団法人 国際協力推進協会
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町6-12
紀尾井町福田家ビル3階

太平洋島嶼国及びカリブ諸国記者6名が日本を取材
~APIC「太平洋・カリブ記者招待計画」で来日~

太平洋島嶼国及びカリブ諸国記者6名が日本を取材

国際協力推進協会(APIC)は、日本フォーリン・プレスセンター(FPCJ)と協力して、太平洋及びカリブ島嶼国から編集長などシニアなジャーナリスト6名を招待して、我が国の環境保護・防災などの現場を取材、我が国の先進的な取り組みについて理解を深めました。記者団一行は10月18日から26日まで日本に滞在、その間、東京、石巻、仙台の各地を訪れ、関係施設の視察、関係者のブリーフィングを受け、早速それぞれのメディアを通じて、情報発信を行いました。


1. 記者団
  記者団の顔ぶれは、次のとおり

2. 一行の日程
  記者団の日程は、次のとおり

3. 記者団報告会兼歓迎夕食会の模様
  公式行事の最終日に当たる10月21日(金)夕、東京倶楽部において、記者団を含めて約50名の参加者が集まり、歓迎夕食会が行われました。同夕食会では、佐藤嘉恭APIC理事長及び赤阪清隆FPCJ理事長、高島肇久FPCJ評議員(東京倶楽部理事長)の挨拶が行われた他、参加記者6名からそれぞれ滞日中の印象、取材で感じたことなど興味深い報告が行われました。

4. 報道振り
  滞日中から各記者はそれぞれ取材記事を数多く送稿しました。その中で、ジャマイカのAmitabh Sharma記者が日本の主要トイレットペーパー工場の一つである「コアレックス三栄株式会社」で取材した老廃物に関する記事は、早速、Jamaica Gleaner紙に掲載されています。
 原文は、次のとおり

WHAT'S NEW

All Rights Reserved. Copyright © 2008-2021, The Association for Promotion of International Cooperation.