一般財団法人 国際協力推進協会
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町6-12
紀尾井町福田家ビル3階

  • ホーム
  • APICについて
  • イベント
  • プロジェクト

記事のご紹介

島嶼国事情、国際関係の視点などについてのエッセイ、論文などをご紹介します。


島嶼国事情
【記事のご紹介】(中国特集)ジャマイカから見た中国

ARTICLE

【記事のご紹介】(中国特集)ジャマイカから見た中国

筆者:在ジャマイカ日本国大使館 特命全権大使 藤原 聖也 氏(一般社団法人 霞関会HPより転載)※転載許可済み

【記事のご紹介】「ロジスティックス・ハブ」を目指すジャマイカ キングストンに赴任して7か月の所感

ARTICLE

【記事のご紹介】「ロジスティックス・ハブ」を目指すジャマイカ キングストンに赴任して7か月の所感

筆者:在ジャマイカ日本国大使館 特命全権大使 藤原 聖也 氏(一般財団法人 建設経済研究所 MONTHLY(研究所だより)No.385(2021年4月)より転載)※転載許可済み

【記事のご紹介】ソロモンと中国の国交樹立

ARTICLE

【記事のご紹介】ソロモンと中国の国交樹立

筆者:前在ソロモン国特命全権大使 遠山 茂 氏(一般社団法人 霞関会HPより転載)※転載許可済み

【記事のご紹介】歴史、文化、人間性

ARTICLE

【記事のご紹介】歴史、文化、人間性

筆者:前駐サモア独立国大使 青木 伸也 氏(咲耶会(大阪大学外国語学部・大阪外国語大学同窓会)会報『咲耶』31号より転載)※転載許可済み

【記事のご紹介】青い大海原とラグビー交流と誇り高く優しい人々 ~伝統と現代が織りなすキリスト教王国トンガ~

ARTICLE

【記事のご紹介】青い大海原とラグビー交流と誇り高く優しい人々 ~伝統と現代が織りなすキリスト教王国トンガ~

筆者:在トンガ日本国大使 石井 哲也 氏(霞関会会報 2020年9月号より転載)※転載許可済み

【記事のご紹介】駐ミクロネシア日本大使の声

ARTICLE

【記事のご紹介】駐ミクロネシア日本大使の声

筆者:駐ミクロネシア日本国大使 堀江 良一(2018年7月20日 読売新聞掲載)※転載許可済み


国際関係
【記事のご紹介】「フェアネス」を至上の価値とする米国(個人的に目の当たりにした米国の懐の深さ)

ARTICLE

【記事のご紹介】「フェアネス」を至上の価値とする米国(個人的に目の当たりにした米国の懐の深さ)

筆者:元駐ブラジル大使 島内 憲 氏
(一般社団法人 霞関会HPより転載)※転載許可済み

【記事のご紹介】どう不安を減らすか? 感染症対策こそ、国際問題

ARTICLE

【記事のご紹介】どう不安を減らすか? 感染症対策こそ、国際問題

筆者:元国立感染症研究所室長/元米国CDC客員研究員 加藤 茂孝 氏
(日本国際問題研究所 月刊誌『国際問題』2021年1・2月[合併号]No.698より転載)※転載許可済み

.
【記事のご紹介】「日本外交の要諦」は、価値観が多様化する現代の課題解決に通底する

ARTICLE

【記事のご紹介】「日本外交の要諦」は、価値観が多様化する現代の課題解決に通底する

元外交官・日本ラグビーフットボール協会 理事 齋木 尚子 氏&日本銀行政策委員会審議委員 政井 貴子 氏
(日本銀行広報誌「にちぎん」No.64 2020年冬号より転載)※転載許可済み

WHAT'S NEW

- 2022.9.20 PROJECTS
【留学生の頁】第4期APIC-MCT留学生と第5期ザビエル留学生が上智大学・大学院を卒業を更新しました。

- 2022.9.8 EVENTS
第387回早朝国際情勢講演会を更新しました。

- 2022.8.29 PROJECTS
「バルバドス 歴史の散歩道」(その9)第6部 東カリブの要塞島を更新しました。

- 2022.8.4 EVENTS
ミクロネシア連邦のナンマトル遺跡にてビジターセンターを建設を更新しました。

- 2022.7.21 EVENTS
第386回早朝国際情勢講演会を更新しました。

- 2022.7.6 PROJECTS
「バルバドス 歴史の散歩道」(その8)第5部 砂糖、ラム酒、そして奴隷(続き)を更新しました。

- 2022.7.1 INFORMATION
令和4年度「事業計画書」および「収支予算書」を掲載しました。

- 2022.6.16 EVENTS
第385回早朝国際情勢講演会を更新しました。

- 2022.6.14 EVENTS
オノラ駐日ハイチ大使と会談を更新しました。

- 2022.6.6 PROJECTS
「バルバドス 歴史の散歩道」(その7)第5部 砂糖、ラム酒、そして奴隷を更新しました。

All Rights Reserved. Copyright © 2008-2022, The Association for Promotion of International Cooperation.