一般財団法人 国際協力推進協会
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町6-12
紀尾井町福田家ビル3階

  • ホーム
  • APICについて
  • イベント
  • プロジェクト

前理事長コラム Vol.7

皆さん、こんにちは、APIC理事長の佐藤嘉恭です。

 6月11日から13日、先進七ヵ国首脳会議(G7サミット)が今年の主催国(議長国)英国(イングランド南西部コーンウォール地方の保養地)に於いて対面形式により開催されます。今年の首脳会議は特別の意味をもっていると思います。

 過去四年間、トランプ大統領の「米国第一」により国際協調の枠組みが大きく傷ついてしまいました。新政権のバイデン政権は勿論のこと、日本を含むその他の先進六ヵ国首脳もG7の協調体制の再構築を最重要外交課題としています。既に外相、財務相、貿易担当相、保健担当相、環境問題担当相などにより周到な準備がなされてきました。

 七ヵ国首脳が取り組むべき課題は山積しています。長期にわたって一致して取り組む必要のある課題もあります。すべてについて解決策が打ち出されることにならなくとも、その方向性につき七ヵ国首脳の間で自由で開かれた話し合いが行われ、国際協力の姿勢が強く打ち出されることを期待しています。基本的価値観を共有するG7の存在を改めて示すことが今年のサミットの意義であろうと愚考します。

 今、世界共通の課題の一つがCOVID-19の収束です。G7の関係文書は国際協調による対応が欠かせないと呼びかけています。「人間の安全保障」の見地から体制の異なる国の人々の賛同も得られることを望みたい。


(2021年6月7日記)


一般財団法人 国際協力推進協会
理事長 佐藤 嘉恭

CATEGORY

All Rights Reserved. Copyright © 2008-2021, The Association for Promotion of International Cooperation.